無呼吸症候群と活性酸素と生活習慣病についての関係

f89de9cf050deef843ad5702a5a0135f_s

 

無呼吸症候群は「睡眠時無呼吸症候群」という病気です。

私の知人でも一人この症状に悩まされていて、結局会社を退職してしまった人がいますが、日中(仕事中)に眠気がきて大変そうでした。

しかも、この知人は見た目が派手なタイプだったので、無呼吸症候群により睡眠があまり取れていないって経緯で日中(仕事中)眠気が来てしまうにも関わらず、上司からはただ単にたるんでいるだけだと最初は思われていて、なんだか残念な気持ちになりました。

無呼吸症候群はイビキが凄い人によく見られる病気です。

寝ている間に喉がつまり呼吸ができなくなるって病気です。

先ほどの知人の例もありますが、こういったことにより夜睡眠がちゃんととれていないので日中に強い睡魔に襲われて交通事故を起こしたりする可能性があり危険です。

そして、このサイトでも散々お話していることですが、活性酸素が多く発生する時は大きく分けて以下の4パターンです。

ストレスが多いとき
エネルギーが急に少なくなったとき
急に酸素が入ってきたとき
早食いのとき

無呼吸症候群の場合、先ほど挙げた夜十分な睡眠がとれないことからくる、日中の睡魔による色々な危険性の他にも、「急に酸素が入ってきたとき」に該当する活性酸素の大量発生が危険なのです。

活性酸素を還元するものとして現在は水素水が注目されていますが、その中でもクオシアのセブンウォーターが私は一番おすすめでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ