糖尿病はミトコンドリアの不調と活性酸素から発生する?

6d48ec8889d5e3d8c6491e097eaae1e9_s

 

糖尿病って良く聞く言葉ですが、それもそのはず、糖尿病の継続的な治療を受けているとされる患者の数は予備軍を含むと日本国内で237万人もいるようです。国民病ともいえる数です。

糖尿病とは血液中の糖の濃度が高すぎて尿から糖が出てくる病気です。文字通りですね。
血液中の糖を細胞に届けることができなくなるので、その結果疲れやすくて怠くなりやすく、力がでないって症状が現れます。

糖の濃度が高くなると、インスリンが分泌されて余分な糖をグリコーゲンと脂肪に変えます。それにプラスして糖を下げるために、骨格筋のミトコンドリアが糖をエネルギーに変えて血糖値を低くします。

しかし、糖尿病患者はこの機能が停止しているのでせっかく血液の糖の濃度が高くてもエネルギーとして使えないのです。

この原因が脂肪です。

f85d18354cbe5142b3c1de36add375ae_s

脂肪が多いと脂肪酸が多くなり、心臓以外の筋肉ではエネルギーが十分にあると思ってしまいます。そうすると糖分を取り込まなくなります。しかもこのときも活性酸素が発生して糖分と取り込めなくなる悪循環です。

糖尿病とは筋肉でがエネルギーをつくれなくなってしまう症状で、それにより疲れやすく怠くなりやすく、力がでないって結果に結びつきます。

ちなみに外から糖が入ってこなくなったミトコンドリアは、糖ではなくアミノ酸をエネルギーとして使おうとします。それにより筋肉のタンパク質を分解します。

これにより、筋肉もなくなっていき、更にミトコンドリアも減っていってしまうのです。

ミトコンドリアと活性酸素の関係で良いとされているのが水素水ですが、どの水素水が良いのかこのサイトでも紹介していますが、こちらのサイトは水素水ランキングサイトでしたのでこういったサイトから調べてみるのも良いかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ