食事(早食いや大食い)は活性酸素を発生させる!?

078c1f05284a057394976db731de5428_s

活性酸素が発生するケースは大きく分けて以下の4種類とされています。

  • ストレスが多いとき
  • エネルギーが急に少なくなったとき
  • 急に酸素が入ってきたとき
  • 早食いのとき

今回は「早食いのとき」についてお話をしていきたいと思います。

「何度も良く噛んで食べましょう」と小さいときに言われていたことが、今になってちょっとわかった気がしました。

私のイメージでは、「運動は活性酸素を生みだすが運動で活性酸素を抑制できる?」でお話したことと凄く似たイメージです。

準備運動をしないでいきなり運動をすると、活性酸素が多く発生します。これと同じで良く噛まないでいきなり、多くの食物を飲むこみ胃や腸に到達すると、急いで消化液を分泌することになります。

これは消化器官のミトコンドリアからしてみれば、50メートルを全力で走るぐらいのエネルギーをすぐに供給しないといけない状況なのです。

準備運動をしないでいきなり運動をすると活性酸素が多く発生されますが、早食いについても同じことが言えるのです。

なので、良く噛んでから食べずに、いきなり飲み込んで早食いをすると、それだけ消化するためのエネルギーを急に必要とするのでいきなり運動した状態と同じく、活性酸素が多く発生することになります。

活性酸素を除去するには水素水がおすすめです。

私は市販の水素水の中で、継続しやすい低価格でありながらNO1高濃度水素水であるクオシアのセブンウォーターを飲み続けています。

こちらのサイトでもセブンウォーターはおすすめされていました。その他の水素水も紹介されていますし、こういった水素水ランキングサイトを見てみるのも良いと思います!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ