活性酸素が多く発生するケースはどんなときなのか?

8beaead27c4b2964f5015b0f826bf43f_s

 

活性酸素が発生するケースは大きく分けて以下の4種類とされています。

  • ストレスが多いとき
  • エネルギーが急に少なくなったとき
  • 急に酸素が入ってきたとき
  • 早食いのとき

つまり、急な変化があった時や、心にゆとりがないときに活性酸素は発生します。

寝坊して、寝起きにダッシュでして会社に向かい、満員電車が遅延でとまって、汗ダラダラで会議に間に合わないかもしれないとヒヤヒヤしている時とか、今お想えばかなりの活性酸素が発生していたのかもしれません。。

寝起きに急激な運動をして、満員電車でや間に合わないかもしれないってストレスや心のゆとりがない状況なので。

その他には、例えば血流が停止して酸欠状態から急に血液が流れると酸素が大量に入ってきて活性酸素が多く発生します。

イメージ的に血流が停止した時のが危ないイメージですが、血液が流れて大量の酸素が入ってきたときもこういった状況で危ないのです。

脳梗塞の場合は、脳の血管が詰まってしまい酸欠状態です。この状態が続くと血管が段々ともろくなってしまいます。

なので、血流の再開時に活性酸素が多く発生して、その活性酸素により破裂してしまう恐れがあるのです。

活性酸素を除去するために、現在は医療でも水素治療が始まっているようです。

そういったことから、私は市販の水素水の中で、継続しやすい低価格でありながらNO1高濃度水素水であるクオシアのセブンウォーターを飲み続けています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ