活性酸素の全てが有害ではなく善玉と悪玉とある?

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

 

活性酸素に種類がある?善玉活性酸素と悪玉活性酸素がある?そんなことは聞いたことがないって口コミをネットで見たことがあります。

しかし、活性酸素とは物質の名前ではなく、いくつかの物質の総称として活性酸素と呼んでいるのです。

活性酸素はどうやって発生するのか?そのメカニズムは?」で平均台から電子が落ちて酸素と結びついて活性酸素が発生する話をしました。

こうして酸素が電子を吸収しつづけていくと酸化が強くなります。

つまり、最初にできた活性酸素からドンドン変身を続けているイメージです。

この最初にできた活性酸素が「スーパーオキシドラジカル」で次に「過酸化水素」になります。

そして最後に酸化力がとても強い「ヒドロキシルラジカル」になります。

ちなみに、スーパーオキシドラジカルとヒドロキシルラジカルを比べると、その酸化力は100倍以上も違うのです。

これだけ性質が違うものでも総称で活性酸素と呼ばれていること自体のがおかしな状況ですね。

運動は活性酸素を生みだすが運動で活性酸素を抑制できる?」では運動をすることにより活性酸素を消去するシステムができるとお話しましたが、この役割を果たしているのが微量のスーパーオキシドラジカルや過酸化水素です。

この活性酸素をなくしてしまうとミトコンドリアの質を上げる機能がなくなってしまうのです。

このミトコンドリアの質を上げる機能以外にも活性酸素はには多くの良い役割があります。

血管をつくったり、精子をつくったり、血管の拡張や神経機能にも必要です。

こういった生きていくために必要な活性酸素を「善玉活性酸素」と名づけられました。

この善玉活性酸素に対して、身体にたいして必要な役割がなく、遺伝子、タンパク質、脂肪を酸化して破壊する活性酸素を「悪玉活性酸素」と名づけられました。

これが酸化力がとても強い「ヒドロキシルラジカル」です。

今までは活性酸素とひとくくりにされていたのですが、活性酸素の中にはこういった善玉活性酸素と悪玉活性酸素とあります。

悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルとペルオキシナイトライトだけを選択して消す抗酸化物質が必要であることが分かったのです。

最近、水素水が流行っているのは、水素が善玉活性酸素は放置して、この悪玉活性酸素だけを選択して還元して無害の水にする作用があることが理由です。

そんな水素水の中でも業界NO1高濃度水素水であるクオシアのセブンウォーターを私は飲み続けています。

しかし、飲み続けて思ったこととしては、水素水の中で一番高濃度であり一番低価格なので良いのですが、結局コスト面を長期的に考えると水素水サーバー製品を購入しちゃう方が安いってことでした。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ