運動は活性酸素を生みだすが運動で活性酸素を抑制できる?

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

 

ミトコンドリアでエネルギーをつくればつくるほど、活性酸素は発生します。

つまり運動をする例えばマラソンだった場合は、身体を動かし続けるのでエネルギーが必要になります。なのでエネルギーをつくり続けるので、なにもしていないときよりも活性酸素が多く発生します。

このことから一時期、運動は長生きの為に良くない!って議論がでていた時期もあるようです。

しかし、体感で言ってしまえば、運動をまったくしないで家でゴロゴロしている人と、運動をしている人ってどっちが長生きしそうですか?

勿論、運動を日々している人のが健康であると思います。

エネルギーをつくると活性酸素が発生する。ならエネルギーをあまり作らないように家でゴロゴロしている。そうすると活性酸素があまり発生しないから、老けないし長寿だ。って考え方ほど人間はシンプルではないようです。

これはどういったことかと言うと、例えば血流が停止して後に、一気に血液が流れる場合は大量の活性酸素が発生しますが、運動で発生する活性酸素はこれに比べると少量です。

そして、先ほどの「活性酸素はどうやって発生するのか?そのメカニズムは?」でもお話しましたが、急激な変化があり無理にエネルギーをつくろうとした時に活性酸素は多く発生します。

つまり、運動をするにも、準備運動をしたり、運動後にはクーリングダウンをすることにより、徐々にエネルギーを使い、徐々にエネルギーを使わなくなるので、先ほどの話の平均台から落ちてしまう電子が少なくなり、その結果活性酸素の発生は少なく済むのです。

でも、これだけだと家でゴロゴロしているときより活性酸素が発生することには変わりがありません。

このことについては、運動は活性酸素を発生させてしまうけれども、運動をするとそれを消すシステムも発達するってことが大切なことになります。

つまり、運動をすることにより、その瞬間は活性酸素が発生してしまうが、それを消すシステムができてくるので、結果急に活性酸素が発生してしまったときいにもその害を減らしてくれるように体ができていくのです。

こういったことにより、家でゴロゴロしているより、運動をしている方が活性酸素が発生してしまうが、活性酸素を消すシステムも向上していくので、結果運動している人のが健康でいられるってことになります。

活性酸素を体内から消すことができる飲み物として、今水素水が話題になっています。

私も水素水はもう何年も飲んでいますがセブンウォーターが一番良かったです。

セブンウォーターの口コミについてはこちらに乗っていましたので興味があれば見てみてください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ