老化の原因は活性酸素だった!?身体のサビについて!

ecfd0e6f2525eca5928b0361eaeb794f_s

 

最近は水素水のプロモーションなどで良く、「活性酸素で身体がサビてしまう!」「水素水で身体のサビと取ろう!」的なものが多いと思います。

活性酸素が身体に有害なのは、酸化力が高いため細胞の中をその高い酸化力で傷つけてしまうからです。

なので、活性酸素によるこの傷をサビに例えて使われることが多いのです。

なので、「水素水と活性酸素とミトコンドリアの関係とは?」でお話しましたが、ミトコンドリアで生きるために必要なエネルギーをつくっていますがどうしてもこの時に有害な活性酸素も発生してしまうのです。

ちなみに老化する原因は活性酸素です。

つまり人間は酸素を吸って生きていて、ミトコンドリアでエネルギーをつくっているが、このエネルギーをつくる際にどうしても1~2%が活性酸素になってしまうので、この活性酸素が老化に影響してって流れなので、年を取る(呼吸し続ける)と老化してしまうのです。

ではこの活性酸素をなるべく抑えることができれば、ある程度の老化も抑えることができる!ってことで水素水は今話題となっているんですね。

ちなみにミトコンドリアで酸素を使って脂肪を代謝する動きもあるので、ダイエットでは良く「脂肪を燃やせ」って言われたりしているらしいです!

ちなみに、水素水の中で、私が最終的に選んだのはクオシアのセブンウォーターです。

こちらは水素水作成キットなので、水素水を自分で作るのが面倒な方には向いていないです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ